GM-MOTOライライド プレイ アシスト 本店WEBショップ
モンキー・ゴリラ パーツ
エイプ パーツ
ダックス・シャリー パーツ
ワイドユーズ汎用 パーツ
ライディング ギヤ
プロジェクトbyジーエムデザイン
送料について

基本は1回のお買い物で【8,000円以上のご購入で送料無料】となります。

※一部商品に関しては、別途料金が発生致します。

 
詳しくはお電話で 0480-47-0123

 

ブログでGM-MOTO

店長ブログはこちら

 

商品カテゴリ

お客様の声

商品レビュー

 

Mobile版
モバイル版サイトもございますので、是非ご来店ください。

HOME»  ブログ記事一覧»  ご 案 内»  ローダウンフォークの仕様について、いろいろ検討しました。その1

ローダウンフォークの仕様について、いろいろ検討しました。その1

ローダウンフォークの仕様について、いろいろ検討しました。その1

新発売の「-5cmローダウン&油圧ディスク付 純正タイプフロントフォーク キット」について、その仕様を決めるに当たってのあれこれ検討したことをご紹介したいと思います。

まず、ローダウンの量を-何センチにするか・・・が問題でした。
巷では"-5cm"がよく聞く数値ですが、結構厳しいローダウン量だと思います。
先日ご紹介しましたローダウンシャリーのデモカーも確か-4cmにしました。
やはり-5cmにしようかと思ったのですが、安全を見て・・・とか、走りやすい様に・・・とか、歳を考えて・・・など、諸々考えた結果でした。
たった1cmで何か変わるのか・・・というのもあったのですが、根拠がなかったので、ちょっと引っこめた感じです。

気弱なオジサンの言い訳から話を戻します。
たぶん、ローダウンで一番厳しい状態を再現することで方向性が見える筈!
問題はフロントフォークの動いたとき、車体のどこかに接触してしまうこと・・・一番大きな問題はフルボトム時にシリンダーヘッドにタイヤが接触してしまう現象です。
フェンダーが接触するとか、オイルクーラーのスペースが・・・などの問題は、回避策がありますが、車輪とエンジンは別の場所へ動かすことが出来ませんよね。
ということで、モンキーをベース車両とし、直径の大きなタイヤサイズを条件にして検証すれば良いかと思いました。
タイヤサイズですが、8インチノーマルホイール&ノーマルタイヤが一番直径が大きくなるパターンだと想定しました。
ローダウンしなくても問題がありそうな10インチは、最初から除外させて頂いております。
そして、フルボトム状態の再現ですが、一生懸命上から押して、ボトムさせるものいいのですが、インナーを最初からカットして、フルボトム状態を作ってやれば作業が楽ですね。
ということで、まずコレを作りました。

フルボトムインナーです。
こんな状態でストロークが無い状態です。

ローダウン自体は、インナーチューブカットをメインに行っていますので、この状態がローダウン+フルボトム状態になります。

さて、この状態のフロントフォークを、エンジンを載せたノーマルフレームに組み込みますが、最初はリーファン150エンジンで試します。
大分、シリンダーヘッドが伸びていますので心配していたのですが・・・

ハイ!めでたくヘッドとタイヤが接吻です!!
ちょっと擦れるだけではなく、しっかりタイヤに食い込みます。
50ccエンジンより20mmほど長いエンジンでは、やはり駄目でした。

では、ロンシン製50ccエンジンで検証してみました。
このエンジンは、基本的にはHONDA製ノーマルエンジンと同じ寸法ですが、シリンダーヘッドのキャップナットが5mmほど長いので、その分条件的には厳しくなります。

おっ大丈夫!!
「ちょっと接触してなぁ~いぃ?」・・・いえ、大丈夫です。
拡大し、わかりやすい角度から見ると

ハンドルを振っても・・・

大丈夫です。 ヘッドのナットとの隙間は1cm弱あります。

「俺、ボアアップしてるんだけど・・・」ということで調べてみました。
エンジンの寸法ですが、最も多い88ccシリンダー&スタンダードヘッドであれば、ノーマルエンジンと長さ寸法は変わりません。
※スタンダードヘッド・・・DOHCなど、ノーマルと完全に形状の違うシリンダーヘッドではなく、外見上ノーマルと同じ形状のカスタムヘッドを指します。
有名どころのT社106ccとK社108ccのボアアップキット(スタンダード形状のカスタムヘッドを含む)は、やはりノーマルエンジンより長くなることはないと、それぞれのメーカー様に確認しました。

参考までに、今回使用したエンジンの寸法は以下になります。

繰り返しになりますが、キャップナットが短いHONDA純正エンジンは5mmほど短い290mmです。

また、タイヤの直径についてですが、
弊社の扱うDUROやB77タイヤなどは、ブロックパターンも無く、90/90-8とか100/80-8とかであれば、検証したタイヤ直径より小さくなると思いますので、エンジンとの余裕はさらに増えてくるんだと思います。
因みに手元にあったタイヤ付きホイールの直径を測ってみました。

まずはノーマルホイールが約390mmです。


次に2.75JのホイールにDUROの3.50-8を履かせたもので、直径約375mm。


最後に4.0JのホイールにDUROの100/80-8を履かせたもので、直径約370mmでした。
-20mmは大きい数字ですね。

以上により、ノーマルエンジンや一般的に多いボアアップエンジンであれば、-5cmのローダウンは"OK!イケル"と判断しました。

さて、次回は細かな部分のことについてご紹介させて頂きます。

2014-02-06 17:44:10

ご 案 内   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント